2006年11月14日

第0幕:Lost Rings

推奨レベル:3
推奨人数:4名(探偵役1名の参加時点でシナリオ発動とする)
中間報告:未定
基本AP:2
*************************


 陽の当たらない雑居ビルの階段は昼間だというのに薄暗く、どこか陰鬱とした雰囲気を漂わせていた。
 電灯は切れ瞬きもしない。所々建材が剥げ薄汚れた廊下の壁面は、管理維持などという意思がこのビルには一切働いていない事を物語っている。
 お化けビル、町の者にはそんな通称で呼ばれるこのビルに、今日は珍しくひとつの華が咲いていた。
 女。
 黒いヒールに黒いロングスカート、そして肩まで伸びた黒い髪。この場に似つかわしくなく、だがどこか馴染む姿…。

 「…探偵…事務所?」
 5階の廊下、一番奥の扉に張られた紙からは、かろうじてそれだけは読み取る事が出来る。くしゃくしゃに皺が入り薄焦げ茶色に変色した紙には退色し滲んだ手書きの文字が躍っており、それは無造作に貼り付けられているだけった。
 事務所とは名ばかりで、立派なネームプレートも無い。
 もしこの紙切れが足元に落ちていれば、間違いなくただのゴミだと思っていただろう。
 女はしばしの躊躇いの後、静かにその扉を開いた。

 破れた書類、色褪せた写真、読めないような字の書かれたメモの山…ある意味それは事務所といえる風景だったが、とてもそれらが機能しているとは言い難い姿だった。
 雑多であるというのならそれでもいい。だがそれに加え、既に風化し得体の知れない姿に変わり果てた弁当、幾重にも積まれて一種のオブジェを形成している店屋物の器、そしてそれらに群がる小バエ達。
 一瞬そのまま腐乱死体でも出てくるのではないかという不安に駆られそうな部屋の奥で、もそりと人影が動く。
 女は意を決して口を開いた。
 「あの…探偵さん?」

 部屋の奥、一際散らかったソファーの背越しに男は起き上がる。
 寝癖の付いたぼさぼさ頭に無精ヒゲ、よれよれのシャツには歪んだネクタイ、到底人前に出られる姿ではない。
 ぼりぼりと無造作に頭を掻き毟りながら、男はあくびをひとつ。
 「ぁ〜、悪い。今忙しいんでね」
 寝ていたというのに、だ。
 女の反応を伺う事すらせずに再度ごろりと横になる男。そしてその隣で困惑する女。
 「あの…主人の行動を調べて欲しいんです。毎夜毎夜、深夜になると戻って来るんです…」
 女はゴミ山と化した応接テーブルの上をそっとハンカチで払いながら一つの封筒を乗せる。
 「済まない。うちはそういうのはやってないんでね。尋ねる先を間違えてるよ。なんなら浮気調査専門にやってる所を紹介し…」
 聞き分けのない子供に言い聞かせるかのようにぼやきながら今一度起き上がり、男は財布の中から知り合いの探偵事務所が記された名刺を取り出そうとする。
 浮気調査なんてものは門外漢だ。探偵などと名乗ってはいても、その実はなんらその道に精通している訳ではない。世話になった恩師のこの事務所を引き継がなければ、そもそも探偵にすらなっていなかっただろう。そんな自分にはこういった泥臭い話は到底請け負えない。
 その時だ。やっとその時になって始めて女と目が合った。
 寂しい瞳。
 黒い喪服が良く似合う、そんな目。
 「間違ってません。だって…主人はもう…」
 小さな呟きの後、女は哀しげに微笑んだ。


 開幕。



  やあ (´・ω・`)

 ようこそ、バーボンハウスへ。
 このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

 うん、「また」なんだ。済まない。
 仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

 でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
 「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
 殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
 このPBMモドキを立てたんだ。


 じゃあ、注文を聞こうか。







 っていうか、台詞多い…。(挫折)
 何このライトファンタジー文庫級の台詞の多さ…この内容なら許されて3個くらいでしょうか?
 しかも…全体NAGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
 エントリーならこの半分以下だなぁ…。

 ごめんね カーチャン ちょっと息抜きしてみたくなったの ごめんね
 嘘。
 ちょっと、ブログレイアウトでどうなるか見てみたかっただけ。(爆)



 ああ、うん、マビネタ無しはモットーじゃないね。
 じゃぁこれをどうぞ。
 韓国、第五ジェネレーションシーズン4パッチ変更点の一部。

* 新しいメッセンジャーが投入されます。
- 安全性が改善します。
- 対話だけではなく多くの人を招待して多重対話が可能です。
- 既存のメッセンジャーよりさらに多様に自分の状態を設定する事が出来ます。
- 既存メッセンジャーに登録された友達リストが全部消えます。これによって今日から一ヶ月間既存友達リストを新しいメッセンジャーに1回に限り移す事が出来る機能をホームページを通じて提供します。


 『既存メッセンジャーに登録された友達リストが全部消えます』

 残念ながら、こっちはバーボンじゃないんだ。
 注文は受け付けない。
 ようこそ、カルピスへ。(爆)
posted by ErinnX at 16:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AsuraSystemの話で燻ってた「何か」を発動させちゃった?
(((;゚д゚)))
Posted by Multina at 2006年11月14日 16:42
阿修羅システムの話をする悶々>サイバーパンク漫画のコンテチェックをする悶々>残りのネタ放出中だったの思い出す悶々>昔こんな事をマビでやろうとしてたのを思い出し悶々
そんな流れ。(爆)

基本キットを楽譜で配布し、そこに参加シリアル記載して、1万Gくらいで露店に並べる。
で、シナリオを3000Gくらいで露店から買ってアクションプランを立ててメール。
リアクションを1000Gくらいで買って読む…みたいな。
事件参加者との密な打ち合わせにはギルドを用意してギルド掲示板に事件毎にスレッドを立ててそこで打ち合わせる…と。
世界、システム共にマビが使えそうだったので、シナリオ内のミッションにDでの報償を取って来るように設計できそうだったり。
行動指針を立てたら後は自動で処理されてしまうPBMにおいて、マビの3すくみ戦闘理論は「想定的行動指針」が立てやすく、敵味方共に1発勝負で済むのが実にマッチングしてるなぁと。
キャラステ画面等のSSを送る事で、キャラメイクせずにマビ内でのスペックがそのままPBM活動キャラにも反映されるという連動式なんてのも面白いかもしれないなどと妄想もしていたり。
かなりマビのデータって処理しやすそうなんだよね〜。
ステって50〜200くらいの間に収束してるので、相対値からの100%ロールがそのまま使えそうだし。

まぁ後は、ブログの形態ってこういうのに下手したら向いてるのかも?と思って書ける間に実験しておこうというゲス魂胆。(死)
カテゴリ別けが効くので、ルール、事件、調査、データといった具合に串刺し閲覧できるし、新着記事に最新事件が上がり、データの追加は大昔の日付くらいにしてUPすれば目立たずにエクスパンションできる…と。
事件の参加表明も、コメ欄にアクションプランとシチュエーション添えて書き込めばいいしねぇ。
ただ、書き込んでレイアウト見て見て分かったけど、たったこれだけの文章でえらく縦長に間延びして見えるなぁ。ごっそり削って画面半分くらいまで押し込めないと事件導入風味が出ないのが惜しい…。



嘘です。(涙)
メッセリセットという怒涛のパッチが韓国でやってきたけどそれだけじゃネタが足りないので頭に水増ししただえでございます。
あと、正しいバーボンもやってみたかった。(爆)
Posted by 棗 at 2006年11月15日 12:08
ネカフェより書き込み。

臭い…死ぬ…。
禁煙席もへったくれもないやんこれじゃ…。
うううぅ、吐き気が…。

しかも1件目はクーポン終了してるし!
むきいいいいいいいいい!!
Posted by 棗 at 2006年11月15日 20:09
ネカフェに行きたくない理由きたーw
私が行くのはaprecioというグループですが、ここを
知るまでは近寄りたくもない場所でしたね。
(梅田にもあるそうです)

しかもクーポンて店側にしたら保証したサービス
じゃなくて忘れなきゃやる程度なので、バイトの
にーちゃんなら出てこないといった問題ががが。

それで3時間拘束された日にゃねぇ・・・
Posted by Multina at 2006年11月16日 11:42
>ネカフェに行きたくない理由きたーw
入って正気が5分持たなかった。(爆)
日本橋のトッププレイヤー、3時間パックで600円以下とお安いですがお勧めできません。
あまりの臭さにテンション最悪になり、リネ2のやり方を調べる>アカウント取りに行く>メアドを入れろと言われる>「ネカフェでメアド!?キーロガーあったらどーすんの?!」>ビキ>仕方ないのでメモ帳にアルファベット全部打ち込んで1文字コピペで入力>アカウント作成フォームで細かく住所等聞かれる>ビキビキ>メールアドレスに認証キー送ったから見てね♪はぁと>あのね、今ネカフェな訳。どーやってメール確認するのかな?webメールでPOPしろって?それでwebメールとPOPメール両方データ漏洩しろって?>ビキビキビキ>持ってて良かったZero3>やっとログインできるよ…>ログイン画面でコピペ効かず>ここまでの苦労を…全て…無駄にするのか…このゲームは…>ビキビキッ>どうせ二度としないだろうし生入力でいいよもう…>セキュリティコードを入れてね♪コードはメールに添付画像で送ってあるよ♪はぁと>…ぶちころすぞ(´・ω・` )>画像も扱えて良かったZero3>やっと…キャラ作成だ>ドワ子超デブ>ビキビキ、ブチン>おk、店出よう。

とりあえず、マジ切れして人の良さそうな店員さんに掴みかかりそうな精神限界を抑えつつダークエルフでキャラ作成。
5分プレイしてあのドラえもんみたいな空中を滑るような移動に耐えられなくなりログアウト。
本当に…店を去りました。(爆)
3時間パックなのに、1時間も滞在してないよ!ないよ!

しかし、ネカフェって何するんもんなんでしょうか?
再起動毎のレジュームシステムだとかいった所で、実際機能してるかどうかすらこっちには分からない時点で、IDやパス打ち込む系は全て行えないとなると…メール使えないゲーム出来ない…うーん、某巨大掲示板に張り付いて煽りとかそれくらい?(死)

>バイトのにーちゃんなら出てこないといった問題ががが
3時間使って何するのか向こうも分からないので、うっかりマビのクーポンキャンペーンで来たって事を言わないとヌルーされますよね。(苦笑)

そしてお昼ご飯食べに行ったらタバコまみれになって今も臭くて死にそう。(笑)
Posted by 棗 at 2006年11月16日 13:36
人間の行動ってなんでこうも似るんだろう。
棗さんの断念理由が全く合致してて笑うに笑えない。

「序盤やっただけで何が分かるんだ分からないジャマイカ!」
というのは正論なんだけど、どうにも合わないってのは人によって
あるんですよね。
リネはあの移動・遠景まで描写しすぎてる風景・記憶に残らない音楽・
美形しか居らずにしかもパターンが少ないetcがネックになって1週間
と持ちませんでした。FF辞めたての頃だったので比較しちゃったのも
難点かも。

グラフィックでは明らかにMabiが劣るんだけど、こと「歩く」だの
「服装」だのってのは重要なポイントですね。TDLに遊びに行く気持ち
でやるにはいいんだけど、普段からずっとあの格好だときついというか。
PSUのドラえもん的21世紀ファッションに比べたらマシだけどネ。
Posted by Multina at 2006年11月16日 15:51
>「序盤やっただけで何が分かるんだ分からないジャマイカ!」
ひとめぼれ論じゃないですが、序盤の数分でピンと来ないような存在は、何時まで経っても分かるまいよってのもありますよねぇ。(笑)
ゴーストが囁かないというか。
いうなれば、パラディンがこういうBGMなシーン展開ならわたしも嬉々として変身しまくりだっただろうってくらいにイメージは大切。(爆)
http://rutty.up.seesaa.net/image/Paladin.wmv

正直マビはやヴぁいですね。
このモーションに慣れてしまうと、凄まじく他のゲームの動きが気になって仕方ない。
リネ2って、なんか装備とかレベルとかスキルとかで攻撃モーションや速度って変わるんでしょうかねぇ?
ドン退きした理由の一つに戦闘もあったんですよね。棒立ちの格好で交通整理人形みたいに腕を単調に振るとぺしぺしダメージ与える…みたいな。

>PSUのドラえもん的21世紀ファッションに比べたらマシだけどネ。
ううぅ、ドラえもん21世紀風味でT・Pぼんな衣装の方がまだ、ダークエルフの黒パンツ一丁お尻丸出し痴女よりマシに感じる。(涙)
Posted by 棗 at 2006年11月17日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。