2005年10月31日

真のヒーローとは!!

やあ、みなさんコンバンワ
すっかり汚れキャラが板に付いてしまいつつあるチビタですよ。
perikan.JPG
精霊武器候補生の熟練を上げようと、ちまちまラビにソロで通おうとダンパで支度してたら
ライジンさんがどうも暇を持て余している模様・・・・

続きを読む
posted by ちび太 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

10月26日 ゾロの30秒クッキング

コンニチワ、料理の鉄人ゾロです。
今日はバリ下求めてリメイラさんと雪亜さんとバリからスタート。

zorro_2005_10_26_004.jpg

バリ下をゲットする。
バリ下を聞きつけていつもの面々がワラワラと集まってくる。
しかし、リメイラさんは、インプの断末魔に良心が痛んだのかここで離脱。

zorro_2005_10_26_008.jpg

バリ下も怒涛のごとく制圧。

一仕事を終えて腹が減ってくると一同メシの話になってきた。

zorro_2005_10_26_020.jpg

じゃがりこを食いたいというので、伝説の料理人ゾロがじゃがりこを使った究極のレシピを皆様に伝授してあげることにした。
誰でも簡単に出来るじゃがりこのうもーーいレシピである。
毎回このレシピはとても好評で、食通のセレブ、フ●マさんからも大絶賛をもらっている。

フ●マ「こんなおいしいレシピみたことないわ」
な●め「目からうろことはまさにこのことね」
む●ちな「惚れました」
ち●た「バイバイキーン」

このようにだれもがうなる秘伝のレシピをここで一気に皆様にも公開しよう!



ちゃららっちゃららら・・・30秒クッキングレシピはここから
posted by ErinnX at 14:38| Comment(17) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

Sword dancer

 棗です。

 来ました、G2S4です!
 早速色々試してみたいけど、正直色んな噂が聞こえてきて怖いので様子見を決め込んでるチキンです。
 ん、やや嘘ですね。
 実は、そんなことやってる時間が無かった…というのが本当の所かも。
 何をしてたかって?
 それは…精霊武器ですよ、精霊武器!ついに、愛剣モアが喋るのです!やっほーぃ!

 いそいそと精霊武器を作ろうとクエを進めていると、ゲートから見慣れた姿が。
 「こんばんわ」
 「じゃーん、ついにやりました」
 「見るも無残な姿になって…異様だって、その姿」
ただの変態
 OK、あなたは今日から変態仮面に決定!
 
 今日はめちゃくちゃ長いし重いよ?(ネタバレ気味)
posted by ErinnX at 17:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ルンダの闇に 裁きの時を

G2S4も明日に迫った夜。
精霊武器や生産ペットの名前はもう決まりましたか?

こんばんわ、Multinaです。




Alban Eiler、生産向上効果のあるその日。
私のMabinogiはポーション作成で始まります。

ん、誰ですか?「ポーション調合には効果ない。バカ」とか言う人は。
あとで聖堂裏に来なさい。

聖堂裏が気になる方はどうぞ
posted by ErinnX at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

半熟ヒーロー

 棗です。

 勢いで買ってみたら、案外気に入ってしまったピンクのクレイモア。
 実はもう残り耐久10しかありません。
 …ダンバにいるあの戯けたおねーさん、叩き斬っていいですか?(涙)

 そんな涙に暮れて絶望感に打ちひしがれながら歩いていると…。
natume_05102401.jpg
 ちょ、なんですか、これは!?
 …ひ、惹かれる。
 そこはかとなく惹かれますよ!嗚呼っ、飛び込んで過去も未来も焼却したいっ!!
 まぁどうせ、抽出されるのは「破滅」だとか「混沌」だとかろくでもないESになりそうですが。
 などと頭の中をあれこれ駆け巡っていると、背後から声が。
 「焼却してみませんか?」
 RIPさんでした。
 …あなたですか、こんなろくでもないキャンプ張ったのは。


 気を取り直して、ラビ(冷静に考えたらこんなきちゃない色したラビないよね(笑))マスダンジョンに。
 やはり、こんな時は気分転換にPTプレイですね、うん!
 って…
natume_05102402.jpg
 全然気分転換にならないようなPT名じゃないですか!
 っていうか、自分で「孤独なくせにネットワークあるなんておかしすぎ」とかツッコミ入れたくせに、「孤独なのにPT」なんて矛盾しまくったネーミングしてどーするんですか…。
 などと心の中で呟きながら進軍。

 ……。
 …ん?
 ちょっ、なんかいるんですけどっ!(笑)
natume_05102403.jpg
 きっと彼もヒーローになりたかったのでしょう…。
 だが…あまりに…未熟!!!!
 その情け無い姿に爆笑しそうになるのを必死に堪えながら、ボス部屋の前でゾロさんとどう弄って遊ぶか思案していると…通路の奥でぼわわぁ〜んと光るモヤが。
 目立ちすぎっ!
 流石に観念したのか、姿を見せるどこかの誰か。
 「ハブ部屋があったので、ボスが近いと思ってパラ化したのに…時間切れとは…」
 さっきの目立ちまくりの光は、パラ解除のエフェクトだったようです。
 どこまでも…どこまでも…情け無い!!(笑)
 ヒーローにもなれず、弄られ役という美味しいところを持って行く事も出来ず…。
natume_05102404.jpg
 罵倒されて終り。(死)


(注:実は各出来事、時系列的にバラバラです。数日分まとめました(笑))
続きを読む
posted by ErinnX at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

伝説の兜を求めて

やあ、みなさん、チビタですよ。
さて、下の自己紹介のコメントで「ビックペリカンプロテクター」なるものの存在を知り、これは!!と早速入手の方向へ動き出だしましたよ。(つーか、火つけたのお前らなんだからちゃんとフォローしろよ!!)
集めないといけない「表示板」ですが、0、2〜10までは店で売ってるから良しとして、問題は「1」・・・・
ラビDの2層目に稀に出るミニスケルトンからしか貰えないとのこと・・・。

ううう、こりゃいつぞやのサンダーページ入手作戦と同じ無限ループの様相になりそうな予感ですよ・・・?。

「ひょっとしたら!!」と思って1chの露店回ってみましたが、売ってないし、仕方がないのでラビにソロで行ってみましたよ。



すると1回目で・・・・・・
mini1.JPG
いきなり遭遇!!!うほほほ、ラッチ〜俺!!これも日ごろの行いか!!?


mini2.JPG
「サッサト表示板ダスヨロシ!!」



で、その結果・・・・





















buki1.JPG


buki2.JPG
アレレレレ、私ガ欲シカッタノハ兜ダヨネ・・・?
ラビダンジョン巡礼の日々はしばらく続きそうです・・・。


おまけSS「箱入り娘」
hakoirimusume.JPG
その後、フィマねーさんとラビノーマル再び潜り(実はこのときもミニスケルトンと遭遇してる・・が表示板でず!!)、通行証出たので、いつもの愉快な仲間達と下級クリアしたときのSSです。
結局Elleさんは誰かに拾ってもらえたのでしょうか?w





















posted by ちび太 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

Alone in the dark

 棗です。

 なるほど、自己紹介、盲点でした。
 もうなんだか皆とえらく長々一緒にいるようないないようなもんにょりした状態で、すっかりそんなネタを投げるという事を失念。たはは。
 でも、今更書くこと無いですよね…こだわりとかいっても、見たまんまだし。(笑)ストレート&スマートな自己紹介はもう御二方やってらっしゃいますしねぇ。

10月某日
 孤独な者達の集いがある…そんな話を聞きつけて、ふと覗いてみたくなった。
 純粋に独り身である事が好きな者、人見知りが激しく誰とも接する事のできない者、気遣いが激しすぎて距離を取り過ぎる者…孤独に身を置く所以も様々なのだと思う。
 ふと、前のゲームを2年ちょっとの間ずっとソロで過ごした事を思い出し、ニヤリとしてしまう。FL機能なんてわたしの中では永遠の未実装。
 そして、マビに来てもなんのかんので友達も出来やしなかったのを思い出し、苦笑も漏れる。
 いや、それは今も同じかもしれない。「友達」だなんて、誰が言えようか。それは自分が一方的に定義し得るだけであって、相手が如何様に思っているかなど結局は闇の中なのだから。相手の真意など決して知り得ない以上、友達を名乗るなどおこがましい…。
 大好きな台詞がある。「君にとって大切な人かもしれないが、相手にとっては膨大なフレンドリストの中の一人に過ぎない。君の存在など眼中にないんじゃないかい?」た、たまりません、痺れます。
 なぁんて事を考えてるもんだから、思わずぽろっと会話の中で相手を「知り合い」と表現してしまい、なんとも哀しそうな顔をさせた事など幾星霜。(死)
 …呪われろ、自分。クククク。
これは第一回の様子だったり
続きを読……まないほうがいいですヨ?
posted by ErinnX at 17:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

10月19日 ヒーローの務め

ちょいと明太子の食べすぎで、しばらくぶりにエリンに入った(しばらくでもないような気もしますが)

棗さんに声をかけてみると、どうやらフィアにいってるとのこと。

ふむ、あの地獄のフィアに俺無しで大丈夫なのか!?
と心配になったゾロは、フィアの彼らを守ることにした。

フィアダンジョンをすすんでいくと、ほどなく彼ら、ちびた、フィマ、棗の気配がした。
必死に、いぬっころやウフフと激闘を繰り広げている

mabinogi_2005_10_19_004.jpg

俺はファイアボールを構えて彼らのピンチはかっこよく助けにいこうと身構えた。
しかし、彼らはボロボロになりながらも進んでいく。

mabinogi_2005_10_19_008.jpg

ついにクマーに襲われた彼ら、そんな彼らに俺は遠くから声援を贈る。
手を出さない愛情もあるのだ。

mabinogi_2005_10_19_010.jpg

そして、ついにゴルゴンと対決している3人組、手に汗握る死闘が繰り広げられた。

mabinogi_2005_10_19_013.jpg

棗のスマッシュがゴルゴンに突き刺さり、フィマの最後の魔法が宙を舞い、ちびたの罵声が飛び交う!
もてる力をすべて出し切り、ゴルゴンをうちやぶった彼らはついにボスの部屋に到着した。

そして彼らの前にゴーレムが彼らに立ちふさがる!
しかし、これまでの戦いで力を使い果たした彼らに、もはや抵抗する術は残されていなかった!
最大のピンチ!!
俺は颯爽と飛び出し、彼の窮地を救う。
うなる剣がゴーレムを一閃!
(SS撮れてなかったがヒーローはそんな人助けシーンを自ら公表しないものだ。)

mabinogi_2005_10_19_017.jpg

俺は3人のこれまでの戦いを労い、賞賛の言葉を贈ったのだった。

↓以降のコメントは命を救われた彼らからの感謝の言葉に違いないいいいい!!!!
posted by ErinnX at 21:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

イントロダクション?

どうも、皆様ごいかがでございましょうか?
チビタでございます。
今回はブログの共有というお話を頂きまして、早速テストを兼ねて自己紹介をさせて頂きますよ。

tibita.JPG

えーっとまずは現時点のスペックを
17歳で累計レベルは78
スキルは近接戦闘系メインで
アタックB
ディフェンスC
クリティカル9
ウインドミルB
スマッシュ9
カウンターB
IB、FB、レンジ、マグナム、ヒールはF
LB・・・なんでしたっけ、それ?(笑)
となっております。

今後はミル>ディフェンス>カウンターの優先順位で数字を目指そうかと思ってます。
ご覧の通り皆様とはかなり?の隔たりがございますが、そこはPスキルでカバー!!と行きたいモンです(その割には・・・・以下略

こだわりは・・・・何だろな?
二十歳まで転生しない!!・・かな?(現在までの転生回数は1回だっりする)
「効率悪いよ!!」とか無粋な事は言わないでくださいな。
終わりがないのがMMO。生き急いでも仕方ないでしょ?って考えなもんでしてね。

まあ、じっくり、ゆっくり遊んでいけたらなと思っておりますです。
皆様こんな私ですが今後とも宜しく御願い致しますよ?

と、こんな感じで良いですかね?管理人さん?








posted by ちび太 at 20:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

淑やかな 滴がゆらす 揺籃に 瞳開ければ 萩の村雨 

馴染みの方、こんにちわ 初対面の方、初めまして。
Multinaです。

ゾロさんのご好意により、冒険記を書かせて頂く運びとなりました。
今後ともよろしく。


第一回目ということで、いちおう自己紹介を。

マビ暦はOpenβの頃から
正式サービス開始時に変えてから、ずっとこのエヴァンタイプ。
上から見るとそれなりに凛々しく、下から見るとアホ面
お気に入りです。


前はFFをやっていましたが、仕事との兼ね合いが難しくなり、
また一通り目標を達成出来たために辞めることしました。
そんな感じなので、ログイン時間なんかはわりと不定期です。
わんぱくでもいい たくましく育って欲しい
1ヶ月以上入らないこともありますが、きっとどこかで生きています。


Erinnでは大抵バイトやってるか、サキュバスと遊んでます。
ネットで漁ったMMLを奏でてることもしばしば。
2ヶ月間、フレリストには棗さんしか居なかった
ソロ丸出しですね・・・


スタイルとしては雷使いを目指してます。
ご一緒された方は分かると思いますが、ライトニングとサンダーしか撃ってません。
ミル無しのとがった育て方ですが、なんとかなってるのがMabinogiの懐の深さですね。
タキ グラナイド インチャトラ マナ プラウ!
複数タゲが来た時は、誰かの後ろに逃げ込むので無問題。


予定を立てずにその日暮し。
思いつきの買い物大好き。変なアイテムが多いのもMabinogiの魅力でしょうか。
なでなで
おとなしくマナハーブをよこすがいいです。




第一印象は重要なので丁寧に。
すぐに「うはwww」とか言い出すと思いますが、FF出身者の性ということで。

それでは。
posted by ErinnX at 21:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月17日 ぶらり独り旅

 棗です。

 「旅に出ます。探さないでください」
 そんな置手紙を残し、旅に出た。
 しかし、このフレーズって実に失笑を禁じ得ないものですね。
 探して欲しく無ければ黙って消えればいい。なら心配かけたくないから手紙を残すって?それあなた、そんな手紙残ってる方が心配しますってば。
 所詮真意はそんな所になどなく、構って欲しいだけの惰弱な心の内の吐露であり弱い人間の逃避でしかない…そんなフレーズ。
 たまりません、大好きですっ。よって、いそいそ状態表示にセット!
 さぁ、旅に出よう。

 棗的孤独オンライン定番の場所でクマーと戯れたり、ケオでゴーレムを倒…されたりして旅を満喫。
 武器が壊れた途端に素手で殴りかかる自分を見て、これは武器だけじゃなく精神も壊れているなぁと感じたあたりで帰路につきました。
 そんなステキ旅にもオチが…。
 懐かしのダンバに着くと、まうさんより入電。

natume_05101801.jpg

 一気に気分台無し。(笑)
 出張先から何やってるんですか、この人は!
 仕事しなさい!


 折角の独り旅、最後も寂しく一曲奏でてサヨウナラ。

natume_05101802.jpg

 「わかっているヨ?そんな手紙であれど、見てくれる人がいなきゃ書くことすらできないという事を…」


続きを読む
posted by ErinnX at 11:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

10月13日 お祭り男とお祭り女

フィアフィマさんがキア下を持っていたのでその場にいた人も誘ってぶらぶらと遊びにいく。
一巡終わって、外に出ると、どうやら今日は月見らしく、オオカミがでかくなって猫手足や帽子を落としまくっていた。
そこに、Randelさんが登場、どうやらRIPさんとむっちなさんとかとやっぱりキアにいくところだったらしい。
どうやら、RandelさんがG1をすすめる手伝いとかのようだ。
しばらくするとRIPさんがやってきた。

「なんか浴衣ですよ。」
「お祭りは浴衣じゃないと。」
「お祭り男だなぁ。」

そこにむっちんさんも登場、やっぱり浴衣だ・・・。
「お祭り好きがまた一人登場・・・。」

mabinogi_2005_10_13_010.jpg

結局いつもの面子で合流し、みんなでキアに行くことになった。

話変わるけど、片手剣の新モーションやばすぎ。
とくに、スマッシュ。

mabinogi_2005_10_13_018.jpg

奥の棗さんの両手剣スマッシュと比べてみると、同じ技とは思えない・・・。
スマッシュっていうか、突き刺して足で吹っ飛ばすって何・・・!?
それって剣術というより、ヤクザの討ち入りじゃないっすか・・・。

そんなこんなで、ダンジョンは順調に進む。
途中、青ハブを見つけるとみんなで群がる。

mabinogi_2005_10_13_025.jpg

君達は虫ですか?(俺もなー。)

しかし、途中、睡魔に襲われ、ゾロはリタイヤ・・。


mabinogi_2005_10_13_034.jpg

その後どうなったのかは、みんなから報告をよろしく!




posted by ErinnX at 22:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

10月12日 秋の夜長に

「こんなみんなと語らえる場所があればいいね。」
「それじゃあ、ゾロさん、みんなの憩いの場を作ってよ」
「Blogとか作ってみてよ」
「まじっすか」
キア中級を終え、最後の宝箱の部屋の中で、いつのも面々とまったりだるだると話をしていると、いつの間にかこんな話になっていた。
マビではそういうのはありえないと思っていたけど、
ちびたさんが叫び、まるちなさんが宝箱の中から潤んだ目を投げかけ、荒廃した棗ワールドが展開される秋の夜長の談合に、
いつの間にか、こんな人たちとの溜り場でも作っておくのも悪くないな・・と考え始めていた。

mabinogi_2005_10_12_011.jpg


いろいろとできることは限定されている、いわゆる今時のMMO RPGなマビノギ。
連絡機能すらゲーム内で完結しているマビノギでは、一旦エリンから離れるともはやその人との連絡を取るのが難しくなったりする。
マビノギはプレイヤー同士でイベントやなにかをやったり、ゲームの外まで飛び出して何かするよりは、エリンで出会った人とエリンの中だけで完結し、流れていくようなスタイルになる。
これはこれで気楽でいいな・・・と思っていた。

けれども、どんなMMOでもやっぱり本当の醍醐味は人と人とが物語を作っていくところにある(と思っている)。
そうすると、どうしてもその記録を残しておいたり、出会った人たちと何かしら連絡をとりあったりできるような場がほしくなってくるのかもしれない。

「ところで、つくったらみんな書き込みしたり、日誌書いたり本当にしてくれますか?」
「たぶん・・。1回くらいは書き込みをするかも・・・。」

だめじゃん・・・orz



続きを読む
posted by ErinnX at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掲示板

この記事を掲示板らしきものにしてみました。
使いにくかったら別に用意しようと思いますが、とりあえずこれで代用しときまー。
posted by ErinnX at 14:30| Comment(27) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

10月11日 コイルな旅まうー

昨日はティルコで釣りを寝たので、久々にティルコからスタート。

すると、銀行でばったり、裁縫師のフィマさんに会う。

「こんちわ、めずらしいね、ティルコとは」
「いえ、私はかなーりティルコですよ?アルビでES集めたりしてるので。」
「そうなんだ?ところでサンダーは集まった?」
「あと少しです。2ページとかほしいですね。」
「それじゃあ、どっか行ってみる?ライトニングスプライト狙いでコイルとか。」
「いいですねー。ちょうど次のゲートもコイルです。」

というわけでコイルな旅に行くことになった。

すると、むっちなさんやちびたさんからも入電があり、参戦決定。
さらに、棗さんとまうさんも合流することになる。

結構増えてきたぜー。

コイルに到着すると女神の後ろから音楽が聞こえてきた。

「一番乗り♪」

むっちなさんだった。
いつの間にやら来たみんなも、なぜか女神の裏に集まる。
しかし、転生したり(ごめん、俺ですorz)、課金したりしてだるだるとなかなか始まらず。
結局、ゲート2周ほど時間がたってからはじまる。

コイルは予想通り圧倒的な戦力の差で制圧した。
最後は稲妻使いのむっちなサンダーがヘッドレスの脳天(?)を直撃して終了。
しかし、サンダーのページはでない・・・。

ここでまうさんとは分かれたが、RIP&Randelの二人が合流し、戦力を拡大、二周目の旅にいくことになった。

二周目は俺の武器が壊れてしまったので代理のロングソードでオートにして突撃する作戦をとった。
圧倒的な戦力によって、2周目もクリア。

しかしながら、ここでもサンダーはでなかった。

ダンジョンから出るとみんなで反省会。
うまーの反対のまうーだからダメだったのかな・・・。

mabinogi_2005_10_11_001.jpg

ダンジョン潜っているよりも反省会をしている時間のほうが長いことが原因でないかとか言わない。
posted by ErinnX at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

10月9日 稲妻の女

ケオのゲートが開いたのでなんとなくぶらぶらいって、ゴーレムにちょっかいをかけていると、
後ろからヒールをかけてくれる人がいた。
むっちなさんだった。

「ついにサンダーデビューしたんですよ。」
うれしそうに言う。
むっちなさんはそういえば、ライトニングを主力としてIBを使わないスタイルだった。

サンダーはそんな人にとっての魔法だ。

「稲妻の女の誕生ですね?」

で、あんまりいいSS取れていなかったけど、ここでむっちなさんがとっておきのサンダーを実演してくれることに・・・。

うんうん、うれしいんだろうなぁ。
どれどれ・・。


mabinogi_2005_10_09_001.jpg

って、ここでデスカ!?!?

この後の惨事はご想像にお任せ。
posted by ErinnX at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。